G 650 Xcountryのモニター当選者の方によるG 650 Xcountryと過ごす『ゴキゲン生活』のブログでモニターレポートを書いていただきます。ぜひ、チェックしてみて下さい!!


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


モニター紹介

第三弾モニター
(12月2日~12月16日)
Katayamaさん
(男)
第三弾モニター
(12月2日~12月16日)
negiさん
(男)
第二弾モニター
(11月11日~11月25日)
JUN 8さん
(男)
第二弾モニター
(11月11日~11月25日)
tiiさん
第二弾モニター
(11月11日~11月25日)
akiさん
(男)
第一弾モニター
(10月21日~11月4日)
すてむさん
(男)
<   2007年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
G650Xcountry@Hakone[Impression2]
auther:すてむ

さて、ちょっと日にちが空いてしまいました。
10/25に平日ナイトツーリングに行ってきました。
目的地は箱根です。

ルートは下記。
R129~西湘BP~箱根新道~大観山~芦ノ湖~R1~小田厚
朝5時起きの人の平日ナイトツーリングとは思えないコースになってます(^_^;)
乗り味を確認するにも、
ハイスピード、ワインディングと満遍なく味わえるコース。

まずは西湘BPでハイスピードを体感。
自宅を出るときにリアサスをハード側に調整。
R129を選択しましたが、これがいつになく裏目。
信号ストップばかりでした(汗)
でもこれで足つきの悪さにも慣れてきましたw
さて、西湘BPでの感触ですが、
80kmくらいならかなり快適です。
エンジンの振動も不快に感じることなく気持ちの良い鼓動、
そして景色に目を配る余裕のある速度と車高。。。。
いつも(ER-6n)とは違う感触を楽しみました。
ERではこういう余裕感は味わったこと無いですね。
国府津のPAで一旦休憩、月がキレイだったので、
f0158241_2147364.jpg

サスを更にハード側に調整して、一路箱根新道を目指します。
ERにはETCが付いているので、
西湘BPもそうでしたが、久しぶりに人のいるゲートを潜り、手渡します。
とても面倒ですが、ちょっとした会話が楽しいとも思えます。
さて、箱根新道を気持ちよく上って行き始めましたが、
どうもリアが跳ねる感じがしてコーナーが楽しめませんでした。
リアとフロントのバランスが崩れた感じです。
フロントがリアに引きづられてアンダー傾向のハンドリング。。。。
ハイスピード向けに固くしたのが災いしたようです。
大観山までそのまま、少々怖い感じで上がっていき、
霧が立ちこめ、無人で閉鎖された暗い大観山パーキング前でソフト側に調整、
芦ノ湖を目指して下ります。
この設定がなかなかにビンゴ!
リアがしなやかに路面を捉えていきます。
アンダーが強く出ていたフロントも弱アンダーに。
気持ちよく坂を下り、ここへ到着。
f0158241_2156553.jpg

湖畔の駐車場で小休止とします。
大観山と違い、雲が晴れ月がとてもキレイ。。。。
f0158241_21582723.jpg

しばらく月光浴と湖の波の音に癒され、一路自宅を目指して走り始めます。
R1ワインディングコースを箱根方面に気持ちよく流していると
反対側から数台のバイクとすれ違い。同じようにナイトツーリングかな?
小田厚に乗り、再びハイスピードコース。今度は固めが良さそう。
ちょっとふわふわ感が不安です。
自宅に着いたのが3時頃。風呂に入って冷えた身体を温め、
ちょっと一杯引っかけながら自分のブログを更新したら。。。。。。
会社に行く時間になっていましたw
久々に完徹でバイク乗ってました。ま、こういうのもタマには良いかな(^-^*)
[PR]
by gokigen650 | 2007-10-31 22:03
Compared G650Xcountry with ER-6n [2]
auther:すてむ

前回スペック表でER-6nとG650Xcountryを比較してみましたが、
見て分かる違いをお見せしましょう。
スペック表だけではわから無いこともありますからね(^_^;)



恥を偲んでお見せします!

f0158241_1958519.jpg


f0158241_19593449.jpg


上がER-6nで下がG650Xcountryです。
G650Xcountryは上体が結構起きているにも関わらず、
脚も"ピーン"と伸びきっております(爆)


ん?これだけではよく分からない?
では本当に恥を偲んで一枚お見せしましょう。。。。。
f0158241_2031285.gif

見事なヤジロベーでしょう?
一度脚がツリかけました。。。。。orz



Impression @ Hakone に続く。。。。。
[PR]
by gokigen650 | 2007-10-24 19:00
Compared G650Xcountry with ER-6n [1]
auther:すてむ

突然台風が近づいていますねぇ(記事を書いているのは10/27 22:50頃)。。。

今回は自分の愛車、ER-6nと主要なスペックを比較してみたいと思います。
小生がまとめてみた主要なスペックは下記の通りです。
f0158241_22544620.jpg

同じ650ccということもあり、
スペック的には近いものがあります。
大きな違いとして、

エンジン:シングル or パラツイン
車重:168kg 対 174kg(装備重量 対 乾燥重量)
車高:840mm 対 785mm

かな。
乗り味に大きく響いてくるところですね、何れも。
この内最も影響を強く感じているのは
先の記事にも書いたとおり、
"車高"です。
Xmoto と XChallange は更に高いんですよ。
もう私には乗れない車両ですね。。。。。orz

まぁ、車高以外は比較した場合にそれほど違和感は感じていません。

それぞれのキャラクターというものがあるんですね。



その辺りはまた次回。。。。。


。。。。[2]へ続く。。。。。
[PR]
by gokigen650 | 2007-10-23 21:00
G650Xcountry Impression[1]
auther:すてむ

さて、
ヤジロベーを演じながら(?)も、自宅まで戻り、
G650Xを味わうべく、その足で宮ヶ瀬へ向かいました。

知っている人は知っている宮ヶ瀬。ほぼ神奈川県の中心です。
厚木の中心部からわずか30分程度の距離で、自然を感じることが出来る
貴重なポイントなのですが。。。。。
バイク乗りにとっても楽しめるコースなんですね。
クネクネ道あり、緩いカーブを織り交ぜた高速コースあり。
運転の練習にも流すにも攻めるにも適したコースが続く楽しい場所です。
ここでG650XCountryの実力の一端を見てみようと思ったわけです。

あまり長く書くのもなんですので、
ずばり言うとですね。

宮ヶ瀬コースに向いたバイクです。

コース全体で見ると、クネクネ道は概ね50~60km、
直線コースは***kmは軽く出せるのですが、
このG650Xcoutryはそこをノンビリゆったり走ることも出来るし、
ギンギンに目を(▼へ▼)にして走っても楽しめるのです。

ゆっくり走った場合、
ライダーが意識して倒し込まなくても、
曲がりたい方向に顔を向ける(実際には身体がインに入る)と、
スッと軽く曲がっていきます。力まなくていいので
リラックスして周囲を伺いながら走ることが出来ます。

そして、ギンギンに(▼へ▼)な感じで走った場合、
アクセルとブレーキをコントロールして、
曲がりたい方向へ倒し込んでいくと、ライダーの意志を読むように
路面をトレースしていきます。

うーん、説明が難しいですね。。。(^。^;)
とにかく、進行方向への追随性がいいことは間違いないですかね。

これを面白いと見るかつまらないとみるかは
ライダーによって意見が分かれるのは間違い無いところ。
「おりゃー!!!」って感じは割と希薄かもしれません。


次回は、我が愛車である、
Kawasaki ER-6nと比較してみようかと思います。

。。。。次回へ続く。。。。
[PR]
by gokigen650 | 2007-10-22 07:00
BMW,Welcom to my home.
10/21~11/4の第一クールのモニター担当の一人
"すてむ"と申します。拙い文章ですがお付き合い下さいませ_(._.)_

ある日、外出先でメールを確認していたら、
「ごきげんキャンペーン当選のご連絡」というタイトルで
メールが来ていました。
実を言うと最初はなんのことか分からず、
迷惑メールかと思い、スルーしていました
内容を見たのは自宅でメールチェックをしたときです、
ほぼ半日以上放置していました。。(・_・;)
気がついたとき、まずは嬉しいと言うよりも、
「このメールほんと?」と疑ってかかりました(笑)
確認したいこともあったので、メールに返信し、その返信があったことで
ようやく信じることが出来ました。
ここからは、
「初のビーエム試乗」が楽しみになってきました。

さて、カレンダーは進み、10/21(日)、最寄りのディーラーさんである、
(株)モトラッドさんへ車両の受け取りに伺いました。

書類へ記入をして、認定中古車を見ていると、
「準備出来ました」と声がかかりました。いよいよご対面です。

f0158241_9362977.jpg
目の前にG650Xcountryが置かれています。
初めてビーエムに乗る瞬間がついに。。。。o(^。^)o


物珍しいので周囲をぐるぐる回ります(笑)
f0158241_9395134.jpg
f0158241_9401622.jpg


鍵を受け取り、エンジンを始動します。
ドコドコドコドコ・・・・・・
ビッグシングルらしい、力強い振動が自分を襲います。
ちょっと驚きましたが、走り出せばそんなに気にならないとのこと。
いよいよ跨ってみます。。。。。

。。。
。。。。
。。。。。
脚が付きません!
お尻をずらしてなんとかつま先が付く程度。。。。
165cmの身長と脚の短さが露呈されてしまいました。。orz

いよいよ走り出します。
最初の試練はディーラーさんを出てすぐの
クランク状に配置された信号です!
見事にどちらも進行した途端に赤に変わりました。。。意地悪。。(T_T)
ミラーでチラッと後ろから車で付いてきている妻を見ると
「大笑い」してます。。。。。orz
かなりヤジロベーみたいな感じだったそうです。
ええ、自分でもそう思いましたよ、思いましたとも。。。。。(゚ε゜;)

自宅まで約6kmを身体を慣らしながら走り、
そのまま、宮ヶ瀬まで走りに行きました。
そのお話はまた次回。。。。。
[PR]
by gokigen650 | 2007-10-21 17:00