G 650 Xcountryのモニター当選者の方によるG 650 Xcountryと過ごす『ゴキゲン生活』のブログでモニターレポートを書いていただきます。ぜひ、チェックしてみて下さい!!


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

以前の記事
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


モニター紹介

第三弾モニター
(12月2日~12月16日)
Katayamaさん
(男)
第三弾モニター
(12月2日~12月16日)
negiさん
(男)
第二弾モニター
(11月11日~11月25日)
JUN 8さん
(男)
第二弾モニター
(11月11日~11月25日)
tiiさん
第二弾モニター
(11月11日~11月25日)
akiさん
(男)
第一弾モニター
(10月21日~11月4日)
すてむさん
(男)
Impression[4] @woodland path2
auther;すてむ

ここまでは路面が荒れているとはいえ、
比較的路面はしっかりしていました。

ところがこの先は。。。。。

路面が水の流れで抉れ、路面の半分で
赤土が露出して粘土化しているではありませんか!
道幅も狭く引き返せる状況に無く、また、足を着く場もないため、
もう進むしかありません。。。。。。。(T_T)
なるべく粘土化しているところには落ちないように、
走ったのですが、ライン取りに失敗!
リアが粘土化している路面に落ちてしまいました!
それでもパワーの出方が穏やかなこのマシン、
アクセルワークで何とか進んでいったのですが。。。。。。。
粘土路面から脱出するためにハンドルを切った途端、
リアが完全に滑りましたっ!
車体が横を向き始め、
あああっ転ぶっ!?
と思った瞬間。。。。。。
右足がしっかり路面を掴みました。その瞬間にアクセルも閉じ、
エンジンストール。。。。。完全に横を向いてしまう前に転倒は避けられました。
しかし、現場は急な斜面、しかも路面状況は最悪。。。。
こんな道、通る人は期待できない。。。。
なんとかして自分で脱出するしかありません。
車体の左側には降りられないので、右に降り、リアのバーを両手で掴み
倒れないように支えながら左側に回り、
渾身の力を込めて、車体を前へ押します。。。。。。が、
なかなか思うように前には進みません。当たり前ですね。。。。(T_T)
後を振り返りますが、足場が悪い上に下の方のほうがもっと状況は悪い。。。。
意地でも前に進むしか私には残されていません。
再度全身に力を込め、前に押します!押します!押します!
ずずずずっ
やたっ!脱出できたっ!
数メートル先に足場があったのでそこまで車体を押し上げ、
なんとかそこで乗ることが出来ました。良かった。。。。(冷汗)
この後はもういままで以上に必死です。
多少スリップはするものの、アクセルコントロールで何とかしのぎ
無事、志田峠に到着ですヽ(ToT)丿
f0158241_23483421.jpg

リアタイヤを見るとこんな感じに泥が。。。滑ってますね。。。
オンロード用のタイヤに比べればオフに振っているとはいえ
泥化した道にはさすがに不向きですね。。。。。
f0158241_2350119.jpg

実はこの2枚の写真を撮ったとき、右手は小刻みに震えていました。
力を使い切ったせいなのか、モニター機で転ぶ恐怖だったのか、
は定かではありません(苦笑)


さぁ、取り敢えずG650Xcountryで走りたかった場所(道)も
無事(苦笑)走ってきました。

いよいよモニター期間、2週間の終わりが迫ってきました。。。。。
[PR]
by gokigen650 | 2007-11-04 00:01
<< Last Day Impression[4] @... >>